洗濯

ワイシャツの黄ばみを1分で落とす方法|クリーニング代の節約にも!

毎日洗濯しているのに、ご主人のワイシャツの黄ばみが取れなくて嫌になることはありませんか?クリーニングに出したり、新たに「黄ばみを取るための洗剤」を買わなくても家にあるもので黄ばみを取る簡単な方法があるのでご紹介します。

黄ばみを取ったあと、黄ばみを付きにくくする方法もまとめています。

ワイシャツはなぜ黄ばむ?

家族のために一生懸命働いてくれているご主人なのに、脱ぎっぱなしのワイシャツが黄ばんでいるとゾッとしてしまうことはありませんか?

毎日洗濯しているのに、だんだん黄ばみが濃くなっていくのはなぜ?

私は「ちゃんと体洗ってる?」と主人に聞いたことがあります。

これはもう、主人が体をきれいに洗っていない前提で聞いていました。

本当に失礼な質問ですよね。ごめんなさい(>_<)

でも、それくらい不思議だったのです。

黄ばみの原因は「汗」と「皮脂」

黄ばみは、汗と皮脂が混ざり合ったものが繊維の中に沈着して酸化してできます。

【汗は無臭!?】

汗は、

99%が水分で、

残り1%は塩分です。

そして意外と思われるかもしれませんが、この時点で汗は無臭です。

 

【皮脂と細菌が臭いの原因!】

その汗と皮脂が混ざり合い、

皮膚上の細菌がそれを分解したり、

空気中の酸素で酸化したりして、

黄ばみのもとが作られ、臭いもここで発生します。


【ふるさと納税】博多華味鳥の水たきセット

男性は30代半ば~50代半ばが「ミドル皮脂」のピーク

男性は30代半ば~50代半ばになると、

加齢臭の前段階である「ミドル脂臭」の発生がピークになります。

このニオイの元となるのは皮脂とタンパク質で、首や背中を中心にたくさん出ます。ワイシャツが黄ばむのも仕方ないですね。

以前、中学生の息子さんを持つママ友が「部活後の息子の臭いはハンパなくくさい!もう主人と同じニオイがするの~。」と言っていたのを思い出しました。

男性は、中学生辺りから皮脂の分泌が活発になるようです。

では次に、ワイシャツだけでなく息子さんのスポーツウエアなど、皮脂による頑固な黄ばみ汚れを1分で落とす方法をご紹介していきます。

ワイシャツの黄ばみを1分で落とす方法

ずばり、使う洗剤は食器用洗剤だけ!

【やり方】

食器用洗剤を黄ばんだ襟や袖、脇の部分にタラ~とつけて、あとは手でもみこむだけ。

それをそのまま洗濯機にポイッと入れて、他の洗濯物と一緒にいつもと同じように洗濯機を回すだけです。

食器用洗剤を洗い流さないで、そのまま洗濯機へ入れればいいんです!

簡単じゃないですか?

何でも簡単&シンプルじゃないと、面倒くさくなってそのうちやらなくなりますよね。こんなにカンタンだと毎日続けられるはず!食器用洗剤は値段も安いし良いとこだらけです。

しかも、どんな洗剤よりも皮脂汚れに効きます!

食器用洗剤は界面活性剤が多く含まれているので汚れ落ちが良く、その中でも特に良かったのは柑橘系の成分が入ったものでした。

漂白剤を使ったり、セキス炭酸ソーダ?など聞きなれない洗剤を新たに買ったりしなくてもいいし、クリーニング代の節約にもなります。ぜひ試してみてください。

ワイシャツの黄ばみ対策

全く黄ばみがつかなくなる方法はありませんが、

アイロンの時にスプレータイプの糊を襟や袖などにスプレーすると良いです。

糊がコーディングの役目を果たしてくれます。

アイロン用キーピング 洗濯のりスプレー

 

買ったばかりのネクタイや靴、カバンなどには、防水スプレーでコーティングするといいですよ。お気に入りのネクタイがビールやラーメンの汁などで汚れた経験がある方は、超オススメの方法です。

【ロングセラー商品】防水スプレーといえばアメダス

まとめ

化粧水でも、中身はほとんど同じような成分なのに値段を高くするとバカ売れしちゃうのと同じように、新発売の高い洗剤はどんな汚れも落ちそうな気がして飛びつきそうになりますが、毎日使っている食器用洗剤は意外とすぐれものです。

簡単過ぎてエッと思われた方もいらっしゃるかもしれませんが、簡単でお金もかからない方法なので騙されたと思って試してみてください。


【ふるさと納税】雲仙温泉宿泊プラン 「雲仙九州ホテル」 ペア宿泊券(1泊2食付)