洗濯

部屋干しの臭いはお湯で簡単に取れる?60℃で臭いを解消する方法!

雨の日などに部屋干しすると洗濯物が何か臭う…と思ったことはありませんか?ちゃんと洗ったのに臭うなんて、悲しくなりますよね。
しかも雑巾のようなあの臭いは、一度つくと何度洗濯しても取れません。

今回は、洗濯だけでは取れないあの臭いを、お湯だけで取る方法をご紹介します。

部屋干しの臭いの原因は?

生乾き臭の原因は、洗濯物に付いた菌が増殖しているためです。

この菌は「モラクセラ菌」といって、

この菌が出すフンのようなものが、嫌な臭いの原因となっています。

「モラクセラ菌」とは

人間や動物の粘膜(口や鼻の中など)にふつうにいる菌

・増殖するときの栄養分は、水分と皮脂

・水分が蒸発するときに、一緒に蒸発して臭いを発生

「モラクセラ菌」の特徴

・紫外線に強い(外干しでも臭うことがある。)

・熱に弱い

この菌が洗濯物に付いて、増殖して臭いを発生します。

しかも、臭うのは、洗濯物を乾かすときだけでなく、

乾かしたときは臭わないのに、

Tシャツが雨や汗で濡れたときや、タオルで顔を拭いたときにも臭ったりします。

あれも、洗濯物に菌が残っている証拠です。

では、この菌を増殖させないで殺菌するためにはどうすればいいのでしょうか?

部屋干しの臭いを「お湯だけ」で取る方法

いろいろな理由から、仕方なく部屋干ししなければいけない人も多いと思います。

・梅雨の時期

・花粉や砂埃などが気になるため、外に干したくない。

・ベランダが狭いため、そもそも部屋干ししかできない。

・女性のひとり暮らしのため、防犯上外に干したくない。

家に帰ってきて、くつろげるはずの空間が部屋干しの臭いでいっぱいなんて、悲しくなりますよね。

そんなことにならないよう、

今回はモラクセラ菌の「熱に弱い」という特徴を利用して、

お湯だけで臭いを取る方法をご紹介します。

洗濯物を60℃のお湯につけるだけ!

みなさんも経験があると思いますが、部屋干しの嫌な臭いって何度洗っても取れません。

菌がまだ洗濯物の中で増殖しているんですね。

この菌(モラクセラ菌)は洗剤では取れませんが、45℃以上のお湯に浸けると死んでしまうという性質があるので、早速お湯を使って殺菌していきたいと思います。

【60℃のお湯で臭いを取る方法】

1.約60℃の熱いお湯を浴槽にためる。

洗濯物の量にもよりますが、洗濯物がしっかりつかる程度(10~30cm)までお湯をためてください。

2.その中に臭いがついてしまった服やタオルを入れ、20分ほどつける。

3.お湯が冷めないよう必ずお風呂のフタをする。

4.ふつうに洗濯機で洗濯する。

5.部屋干しする。

【 お風呂のスリッパ 】 出しっぱなしでも生活感がないおしゃれなデザイン。3通りの収納方法(立てる、掛ける、吊るす)で使ったあともスッキリ!

ポイントはお湯が冷めない工夫をすること

ポイント1

洗濯物をつけている約20分間に少しずつ冷めていったとしても、

常に45℃以上を保つために、あらかじめ約60℃の熱いお湯をためてください。

 

ポイント2

フタをするときは、お風呂のフタだけでも構いませんが、

それにプラスして湯ぶねの上に直接、「アルミ保温シート」をのせてフタをすると

二重のフタの効果で保温力がアップし、約60℃のお湯が冷めにくくなります。

「アルミ保温シート」は100均でも手に入れることができます。また、防災グッズやレジャー用としてすでにお持ちの方は、それを使用してもいいかもしれません。

・約60℃のお湯をためる。

・「お風呂のフタ」 +「 アルミの保温シート」
で二重にフタをするとお湯が冷めにくくなります!

注意点

・ゴム手袋を使用するなどして、ヤケドをしないように十分注意してください。

・熱に弱い生地かどうか、洗濯表示を確認してからおこなってください。

★充実した中身!防災バッグ 30点セット★さっと持ち出せる軽量タイプ(アルミシート、携帯トイレ、エアまくら、サンダルその他)

部屋干しの臭いを防ぐには?

洗濯物が臭う一番の原因は、菌の増殖のせいなので、菌を増やさないことに気をつけるだけで、部屋干しの臭いを防ぐことができます。

では、実際にどんなことに気をつければいいのでしょうか?

お風呂の残り湯で洗濯しない

お風呂の残り湯には、菌の栄養分となる皮脂汚れや雑菌が多く含まれているので、水道水で洗濯するのが理想的です。

水道代の節約のために残り湯を使ったのに、菌が増殖して臭くなった服やタオルを再度洗わなければいけなくなると、結局水道代も洗剤も余分にかかってしまいます。

長い目で見たら、

水道水で洗った方が節約になる!と考えて、水道水で洗濯してみてはいかがでしょうか?

 

洗濯機の除菌

洗濯機の内側は外から見えないので気づきにくいですが、いつも濡れているため乾きにくくカビ菌の温床になりやすい場所です。

月に1回の洗濯槽の掃除が理想ですが、忙しい毎日のなかで、いちいち覚えていられませんよね。そんなときは、日にちを決めておくといいです。

たとえば掃除つながりで、

クリーニングの日は9月29日なのですが、

それにちなんで「毎月29日は洗濯槽の掃除の日」にするとか・・・

もはや、肉の日とかぶってしまいますが、それはそれで覚えやすいですかもしれないです(笑)

5時間以内に乾かす

菌は、皮脂だけでなく水分も栄養にするので、洗濯後は洗濯機の中に洗濯物を放置しないで、すぐに干しましょう。

そして、モラクセラ菌は干してから5時間経つと急に増えていくので、

できるだけ5時間以内で乾かせるよう、扇風機や除湿器を使用するという方法も効果的です。風通しを良くするだけでいつもより早く乾きますよ!

汗をかいた服を何日も放置したままにしないで、早めに洗濯することも忘れずに!

まとめ

部屋干しの臭いの原因は、洗濯物に潜んでいる菌です。菌を増やさないためには、水道水で洗濯したり5時間以内に乾かすだけで本当に効果があります。

それでも洗濯物が臭ってきたときには、菌が死滅する温度のお湯につけて、臭いをスッキリ解消してください。

パナソニック【大人気・省スペース型除湿機】 真下から乾かす新発想 &キャスター付きだから移動もらくらく!部屋干し の湿気対策にも!