エアコン

エアコンが臭いのはなぜ?プロから聞いた簡単な防止策はコレ!

夏にエアコンをつけると、「カビ臭いにおい」がしたりしませんか?1年前に買ったばかりのエアコンでも嫌なにおいがすることってありますよね。

そもそも、においの原因とは?
掃除をしたのに臭いのはなぜ?

においの原因や掃除で気をつけること、ハウスクリーニングのプロから聞いた簡単な防止策をご紹介します。

あわせて、自動お掃除機能付きエアコンの場合についても解説していきます。

エアコンが臭くなる原因

家の中から「嫌なにおい」がなくなればキレイに掃除ができていると感じませんか?
反対に、何か嫌なにおいがすると「あ~掃除しなきゃ。」と思いますよね。

エアコンから出る嫌なにおいといえば、雑巾臭さがダントツなのでは?

そのにおいの原因は「雑菌やカビ」です。

エアコンの仕組み(冷房運転の場合)

部屋の空気を吸って

冷媒という物質が「熱」だけを取り除く。

「熱」が取り除かれて冷たくなった空気が部屋にはき出される。

エアコンが部屋の空気を吸うだけなら問題はありませんが、空気中に浮かんでいる「ホコリ」や「雑菌・カビ」も一緒に吸ってしまうんですよね。

「雑菌・カビ菌」は、「ホコリ」やエアコン内の「湿気・水」を栄養分にしてどんどん胞子を増やしていきます。

プロから聞いた超簡単な3つの防止策

では「雑菌・カビ菌」を増やさないためにはどうすればいいのでしょうか?

以前、プロのエアコンクリーニング業者にお願いした際に聞いた防止策がとても参考になりました。

夏の終わりに暖房運転する!

「暑さも和らいできて、もうエアコン(冷房運転)は使わないなってなったら、暖房運転しておくといいよ。時間は約1時間ぐらい。」

とプロがおっしゃってました。

理由は、冷房運転でエアコン内に発生した水を、暖房運転でカラっからに乾かすためだそうです。

発生した水は外に出る仕組みになっているし、水も放っておくと乾きますが、「雑菌・カビ菌」が水を栄養にして増える前に乾かしてしまうのです。

速攻で乾かすことが重要!

洗濯物でも、天気のいい日にサッと干して乾かすとにおいませんが、雨が続く日に何日も生乾きで干しているとにおってきますよね。あれと同じです。

エアコンが臭い時は30℃に設定って何?

「エアコンのにおいを取る方法」と検索するとよく出てくるのが「30℃に設定」です。これはさきほどご紹介した「プロから聞いた簡単な防止策」の具体的な数字です。

 

冷房運転や除湿運転では、エアコン内の熱交換器で水が発生します。

発生した水はドレンパンという受け皿にたまって、最終的に外へ流れ出ます。

しかし流れただけで、エアコン内は濡れていますよね。

それを一気に乾かすために

「エアコン内部で水が発生しない暖房運転で速攻で乾かす!」

これが、「エアコンが臭い時は30℃に設定」の意味です。

エアコンが臭い時は16℃に設定って何?

では、反対にエアコンで16℃って…水が発生する冷房運転じゃないの?って思いますよね。

そうなんです!

これは発想を転換して

ほこりなどの汚れや臭くなった水を、16℃という超低温の冷房運転によって大量の水を発生させて洗い流してしまおう!という方法です。

しかし最終的にはエアコン内は濡れたままになってしまうので、個人的には、水が発生しない暖房運転をおすすめします。



日々のお掃除で気をつけること

①エアコンのフィルターをはずしてフィルターを掃除する。
掃除機でほこりを吸ったり、歯ブラシなどでやさしくこすりながら重曹や台所用洗剤、ハンドソープなどで洗い、その後しっかり乾かす。

②部屋の掃除をする。
まめに掃除することで、ほこりやカビの発生を防げる。

③料理をするときは必ず換気扇を回す。
水気や油を含んだ汚れが部屋全体に広がるのを防ぐため。これもプロのエアコンクリーニング業者の方がおっしゃっていました。

①は気分が乗らないとなかなかやる気にならない(笑)ので、ふだんは②と③に気をつければいいのかなと思います。特に、ダイニングキッチンやリビングルームにあるエアコンは他の部屋と比べ物にならないくらい汚れているので、お料理好きの方は換気扇をまめに回してくださいね。

自動お掃除機能付きエアコンでも臭くなる?

ズバリ、臭くなります!

自動お掃除付きエアコンを買ったら、エアコンクリーニンを頼まなくてもいいんだ~と勝手に思い込んでいたのですが、普通のエアコンと同じでした。1年で臭くなりました。

「お掃除しなくてもいい夢のようなエアコン♪」みたいなテレビCMに踊らされて買ってしまいましたが、結局フィルター掃除を自動で掃除してくれるだけ😢

しかもエアコンを切るたびにお掃除機能が始まるので、つけたり消したりしているうちに、今回はそんなに汚れてないんじゃない?とお掃除機能をオフにして…

そして、オフにしたことを忘れ、ずっとオフのままで使って…

 

もはや普通のエアコンと一緒じゃん!!

 

その他、自動お掃除機能が付いているため、普通のエアコンよりも密閉度が高いくて、エアコン内が乾きにくかったりと散々でした。

1年で臭くなったのでプロのエアコンクリーニング業者をさがしたところ、自動お掃除機能付きエアコンは取り扱ってない業者が多く、結局そのエアコンメーカー専門のクリーニング業者に頼むことになりました。

 

クリーニング代も約2.5倍!

 

自動お掃除機能付きエアコンの知識が豊富でないと分解ができないそうです。それ以降、自動お掃除機能付きエアコンを卒業してシンプルで安いエアコンにお世話になっています。

まとめ

エアコンが臭くなるのは、空気中のほこりやカビなどがエアコン内の水と反応することによって起こります。普段の生活からすべてのほこり等を取るのは無理ですが、暖房運転をすることでエアコン内の水を乾かすことはできます。

「冷房を使わなくなったら1時間暖房運転する!」これだけでにおいの元を軽減できるので試してみてはいかがでしょうか。

お掃除の事なら汚れと戦うプロ集団【おそうじ革命】